xperiaタブレットsgp312

充電コネクタが破損し、クローゼットに保管してあったXperia Tablet Z(SGP-312)ですが、廃棄するのも少し勿体無いので、microUSB端子を交換する事にしました。交換後は無事に充電起動する事ができたので、電子書籍・webの閲覧で再利用することに。

難易度はそこまで高くはないと思いますが参考にされる方は自己責任でお願いします。

1 事前準備パーツの入手

Xperia Tablet Z SGP312タブレットの充電端子はmicroUSBです。まずは交換する部品が入手できるか探していきます。

ネットで「Xperia Tablet Z 充電ポート 交換用」などと検索すると見つける事ができると思います。
検索していると意外と色々なショップでタブレットの交換用パーツが販売されていました。

※商品名にはSGP311用と記載がありますが、SGP341/SGP311/SGP312/SGP321/SGP351に対応しています。

タブレットなどのこういったパーツは海外からの発送が多く、到着まで日数がかかるので注意が必要です。今回はAmazonで注文したのですが、海外発送だった事もあり、到着に10日ほどかかりました。

2 工具の準備。

精密ドライバー ピンセット ハケ

裏面のカバーを外す場合はヘラツールなどあれば良いのですが、ヘラが無い場合は代用品として硬めの不要になったポイントカードで作業するのもいいです。私の場合はCPUグリスに付属のハケでよく代用しています。精密ドライバー・カッター・瞬間接着剤もご用意しておいてください。

あると便利な工具
  • 精密ドライバー
  • ピンセット
  • ヘラ (不要になったポイントカード等で代用可能)
  • カッターナイフ
  • 接着剤

3 裏面のカバーの取り外し方法

xperiaタブレット裏面

部品や工具の準備ができれば裏面のカバーを外していきます。
今回の場合は長方形の長辺中心あたりから外していきました。裏面と側面の間にわずかな隙間があるのでそこへハケなどを使用して少しずつ裏面のカバーを浮かしていきます。

裏面の外装の接合部分はクッションテープで固定されています、少しカッターの刃を入れて分離していきました。深く刃を入れすぎてしまうと、ケーブルや基盤が損傷する可能性もあり、さらに力を必要以上にかけてしまうと外装に曲がりができて後で元に戻せなくなりますので慎重に作業を進めてください。

外装を外す事ができれば、後はmicroUSB端子の回りのパーツを外していきます。

sgp312内部

上の3カ所のネジを精密ドライバーで外します。
ネジを外す順番は特に無いのですが、とりあえずは全てのビスを外した後にこの金属のプレートを外していきます。

sgp312内部2

手前の金属プレートを外すと黒いプレート見えてきます。黒いプレートの左上部分は一部フラットケーブルに埋もれていますので、無理に上に上げるとフラットケーブルが切断されてしまいますので注意してください。

sgp312内部3

金属プレートと黒いプレートを外したら、上の画像のフラットケーブルが見えてきます、基盤と連結されていますので、爪やハケなどで基盤を傷つけないように外します。

4 新しいコネクタの取り付け

全てのプレートを外しmicroUSB端子を外す事ができましたら、交換用のmicroUSB端子を取り付けしていきます。

microUSB端子を取付したら、外カバーを装着前にケーブルが正しくソケットに装着されているか確認し充電ランプが点灯するかを確認しておきましょう。

注意

通電テストをする際は、絶対に基盤面などに触れないよう注意してください。
最悪感電したり、基盤が故障します。

通電確認後は、外装を装着するのですが、そのままでは接着力がなく装着できませんので、接着剤を綿棒につけスポンジシールの後に塗布していきます。液垂れや他に接着剤が回るのを防ぐため綿棒を利用。

まとめ

カバーさえ上手く外す事ができれば交換の難易度はそこまで高くはないかと思います。
内部には細かいパーツや部品がありますので参考にされる方はくれぐれも慎重に作業を進めてください。



おすすめの記事