Apple TV or Fire TV Stick

Apple TVは第2世帯の頃から使用していたのですが、最近追加で2台はFire TV StickとFire TV Stick 4Kを購入しましたので、両方使用して分かった事やこれからの購入する選び方をご紹介します。

自分がよく使う機能で選ぶ。

よく使うアプリBEST3!

  1. YouTube
  2. Netflix or hulu
  3. ミラーリング

※個人的に

主によく使うアプリはこの3点。1、2に関しては両方で問題なく利用可能です。
Amazon prime会員ならApple TVでもprime ビデオのAppを使用すれば視聴できます。

Fire TVでもApple TVのAppがリリースされましたので視聴可能です。

Apple TVで簡単にできるミラーリングもFire TV Stickに有料のair receiverアプリを使用すればApple TVとほぼ同じ感覚でiPhone・MAC・iPadでミラーリングが可能です。

androidの場合は、標準でミラーリング機能がありますので特にアプリの購入する必要はありません。

AirReceiver-mirroring
iPhoneやiPadをTVに表示させるミラーリング。

Apple TVはこのミラーリングが簡単にできるのですが、Fire TV Stickでも有料アプリを使用する事で可能です。

設定や設置について

設定について

初期設定に関しては、画面に表示される手順で行っていくので特に遜色はないのですが、iPhoneがあればApple TVの方が無線LAN等の設定が楽にできます。

設置につて

Fire TV stick
壁掛けした場合、接続位置が難しい場合は変換プラグを使用。


設置するテレビの状態にもよりますが、テレビを壁掛けしているのであれば、本体のコンパクトさからFire TV Stickが設置しやすいです。
ただしテレビの真裏にしかHDMIの端子が無い場合で端子が壁方向に接続する場合は別途L字変換プラグなどが必要な場合もあります。

また今は少ないのですが、プラズマテレビを使用していたりすると一番気になるのが発熱問題。

Fire TV Stickも熱暴走対策でヒートシンクを取付している記事もよく見かけますので、テレビ自体が熱くなるプラズマを使用している場合は付属の延長ケーブルを使用して、テレビからの距離を離すようにして熱対策も考えておいた方が良いです。

Apple TVに関しても純正や社外品でテレビのVESAマウントに取付できるホルダや壁掛けホルダもあります。

リモコン比較。

Fire TV apple TV remote
左 Apple TV リモコン 右 Fire TV Stick リモコン

リモコンのバッテリー

Apple TVのリモコンはFire TV Stickのリモコンと比べて薄く、少し高級感があります。

駆動に関してはApple TVは充電式でiPhoneのLightningケーブルで充電できます。

Fire TV Stickは単四電池2本で駆動します。

リモコンの操作性

操作に関してはApple TVに関しては方向を操作する上部のTouchサーフェースと呼ばれる部分があるのですが、感覚を掴むまではスライドし過ぎてしまったり慣れが必要です。

逆にFire TV Stickは物理的に押し込むボタンがありテレビやレコーダーのリモコンの操作に近い感覚。

リビングや家族でよく使う部屋の場合で、機会操作が苦手な方がいる場合はFire TV Stickがおすすめです。例えばおじいちゃんおばあちゃんがYouTubeで動画を見るって場合はFire TV Stickのリモコンの方が操作が優しいです。

音声操作に関しても、Fire TV Stickが優れている点が多いです。
例えばYouTubeで動画を探す場合、YouTubeのアプリを起動していなくてもホーム画面で、

You Tubeで猫の動画を探して

で検索ができます。
Apple TVの場合は何度か試したのですが、ホーム画面でできず、YouTubeのアプリ内で音声検索してやる必要があります。

Apple TV 4Kに関しては音声でYouTube検索ができません。実際に知人宅で何度も試したのですが、YouTubeの音声検索はできませんでした。ただし第四世帯のApple TVでは可能。今後アップデート等で改善できる可能性はありますが・・・Apple公式HPではYouTubeの音声検索ができるとの記述はみたのですが、時間をかけて詳しく検証するとできたのかもしれませんが、とにかくこの音声検索が簡単にできなくなっているのは残念な点です。

処理性能。

レスポンス・操作性に関しては、Apple TV の方がスムーズに感じます。
ただしFire TV Stick 4Kモデルの場合は搭載されてるメモリが多いので、すごく重いということはありません。ただしFire TV StickのHDモデルは他機種と比較すると少し動作が重く感じる事がありました。

Apple TVの場合は第四世帯のHDモデルでも操作は非常に滑らか。

コスパについて

Apple TV or Fire TV Stick

Fire TV Stick 4,980円(税込)
Fire TV Stick 4K 6,980円(税込)
Apple TV HD 15,800円(税別)
Apple TV 4K 32GB 19,800円(税別)
Apple TV 4K 64GB 21,800円(税別)

※2020年2月現在

Apple TVの場合はHDモデルでもFire TV Stick 4Kの2倍以上の価格差があるので、この値段差が悩み所です。一台ならApple TV 4Kでも良いのですが、複数の部屋に設置するとなれば価格差が大きいのでFire TV Stick を購入する人が多いでしょう。

この記事を書いてる時点でもAmazonのFire TV Stick 4Kのレビュー件数は11,000件近くあります。

まとめ

Touchサーフェースの操作に違和感がなく、iPhone・MACのミラーリングを重視に考えているのであればApple TVがおすすめ。
音声操作で少し惜しいところもあるのですが、今後のアップデートに期待したいところ。

またApple TVもFire TV Stickもそれぞれのアプリが両方の端末でできます。例えばAmazonoのPrimeビデオがApple TVで視聴可能。またはApple TV +がFire TV Stickで使えるなど使用できるアプリでの違いはほとんど無いです。

ポイントはどうしても価格差が大きいので、会社で複数導入したり複数の部屋に設置したりするのであればコスパ優先するのであればFire TV Stick ですね。

おすすめの記事