iphone-3572477_1920

アップルは現地時間6月22日にオンラインで開催されるWWDC2020(世界開発者会議)発表される見通しの次期iOS14は現、iOS13を搭載されてある全てのデバイスをサポートする可能性があると、イスラエル発のThe Verifierが信頼できる情報筋から得たと報じています。

iOS 13対応デバイスリスト
  • iPhone SE (2020)
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro/Pro Max
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhone SE (2016)
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPod touch (第7世代)

この情報が本当であれば2015年に発売されたiPhone6sも対応となりますので、長く使用しているユーザーには朗報。確かにアップルの場合は発売後4~5年程はiOSのサポート期間を設けているようなので、可能性はあります。ただしiPadOS13についての情報は現時点で確認されていないようです。

安定したOS供給を

前回のiOS13が配信された際もそうであったが、電話が切れるなど不具合がかなりあったようです。実際私の周りでもありました。新しい便利な機能も楽しみで待ち遠しいですが、安定した不具合の少ないOSを希望する声も多いです。

おすすめの記事