free-mail_best3_top

最近では、LINEなどのチャットツールが普及しプライベートでメールの利用が少なく、利用する場合もECサイトでの登録や、仕事でのメールなど使う場面が限定されているかもしれません。

ですが、現在テレワークの需要や在宅で仕事を行う場合などでは、メールは必要不可欠です。そこで今回はこれからフリーメールアドレスを取得されたい方や、今まで実際に使ってきたおすすめのフリーメールアドレスをご紹介していきます。

G-mail

free-mail_best3_gmail2

android搭載のスマホを利用した事があれば、既に登録している方も多いはず。また世界でのシェアも多く、2019年時点で15億人以上ものユーザー数があります。

また初期設定でのセキュリティレベルも高く設定されてあるので、危ないメールなども受信前にほぼブロックしてくれます。

複数のアカウントで利用できますので、プライベートと仕事用などで分けて利用している方も多いはず。

提供 Google
容量 15GB ※他サービス含む
アドレス @gmail.com
添付ファイル 25MB

G-mailアカウント作成リンク

Yahoo!メール

Yahoo!JAPANが提供するYahooメールですが、初期容量はG-mailに比べて少ない2GBなのですが、Yahoo!プレミアム・Yahoo! BBなどの有料会員となれば容量は無制限になります。2019年3月時点での日本での利用者数は2300万人とG-mailの次に利用者が多いと言われているサービスです。

注意点

・6カ月以上の利用がないとメールが削除され利用停止なりますので、注意が必要です。

提供 Yahoo!JAPAN
容量 2GB ※会員内容により無制限。
アドレス @yahoo.co.jp
添付ファイル 25MB

Yahoo!mailアカウント作成リンク

iCloudメール

free-mail_best3_icloud

MAC・iPhoneを使用している方なら、Apple ID作成時に既に利用している方もいるはず。
セキュリティレベルは高いのですが、アカウント作成に少し手間がかかるのが残念なところ。

個人利用で設計されていますので、1日に送信できる件数は1,000件までと制限をかけています。普通に使用して行くなら問題ないレベル。

提供 Apple
容量 5GB
アドレス @icloud.com
添付ファイル 20MB

まとめ

一番のおすすめはG-mailで作っておけば、連絡のやり取り等で困ることはまずないかと思います。Yahoo!メールもプレミアム会員等であれば問題なく利用できます。

メールのやり取りも慣れてくれば、画像やファイルの添付をしてやり取りする事も多くなります、使用するサービスにより送受信できるファイル容量に違いがありますので、その事も検討しながら、自分にあったサービスの検討材料にしていただければ幸いです。

おすすめの記事