フェイクAirPodsレビュー。クオリティ高めの選び方のポイント。

iPhoneを使用してればAirPodsは非常に魅力的です。デザイン・操作性。
価格が少しお高めです、AirPods Proになると

30,580円(税込)

2020年5月9日(Apple 公式ストア掲載価格)

AirPodsでも2万円程します。イヤフォンとしてはいいお値段です。
そこで今回はAmazonで購入した3,980円のクオリティ高めの偽物AirPodsのレビューと選び方のポイントをご紹介します。

箱や外観

AirPods-fake-box3
箱の側面

他の方のレビューでは箱の側面にリンゴマーク付いているものもあるようで、今回購入したものは無地ですが、チープな感じはありません。

説明書も綺麗にケースに入っています。しかも日本語です。

ですが・・・

翻訳は残念です。

お取扱説明書w

になっていたり、少しおかしな翻訳になっていますが意味は伝わります。
別の意味でお値段以上です。

充電ケースやイヤフォンの外観

本物がないので本物との比較はできないのですが、本体もチープな感じはないです。また開閉した時の感覚もカチッとマグネットタイプになっていて良い感じです。
本物のAirPodsは裏面に文字の刻印があるようですが、無地です。

AirPods-fake3jpg

充電端子はiPhoneと同じLightningケーブル

AirPods-fake4

イヤフォン本体も見た目は同じです。左右でLRの印があります。

ペアリングや音質。

一番感動したのがAirPodsの蓋を開けるとiPhoneの画面上にバッテリー残量が表示されます。もちろんiPhoneのウィジェットの一覧でもバッテリー残量を確認する事ができます。

Bluetooth接続時にもAirPodsと表示されます。

音質

これも本物との比較をしていないのですが、想像していた以上に低音もよく出ていい感じです。
音質自体は決して悪くはないです。

残念なところ

・イヤフォンのタッチ操作の反応が悪い。本体をタッチすると着信を受けたり、曲の一時停止できるのですが、数回に一回は反応しない事があります。

iPhoneを探すでAirPodsを探す事ができない。何度か試してはみたのですができませんでした。

購入する時のポイント

  1. 極端に安いものは避けるべき。
  2. できる限り商品画像を確認しましょう。
  3. レビューの数が多いものでも内容は確認しましょう。

1AirPodsの類似品は種類もたくさんあります。中には値段が1,000円前後のものもあるようですが、極端に安いものは外観もそれなりです。また左右で音のズレなんかもあるそうなので、極端に値段が安いのは避けるべきです。金額帯で3,000円〜5,000円の価格帯が無難かと思います。

2他の商品でも言えるのですが、ECサイトで購入する時はできる限り商品画像を確認しましょう。今回購入した機種も個人的にかなり確認し、バッテリー残量がiPhoneに表示される事までは分かっていたのですが、充電端子がLightningは到着後開封してからわかりましたので。

3レビュー件数ですが、多くても最近は怪しいのが本当に多いです。なのでレビューがよくても中に書いてることは2~3以上は見てみましょう。日本語がおかしいのが多い場合は要注意です。

注意

今回記事にしている商品と同じものは現在では既に販売されていません。恐らく商品名を少し変えるなどして続けていかないと販売できないのでしょう。推測ですが。また故障や不具合も一定数あるでしょうから、何か起きても返品や交換してくれる安心のできるストアで購入しましょう。

最近見つけた同等の機種です参考までに。
※この記事で掲載している商品とは違います。

おすすめの記事