airreji_store_seting_top

今回はiPadでレジシステムを導入したいとご相談がありましたのでAirレジを導入する事に、そこで必要な周辺機器や、Airレジアプリの設定方法をご紹介していきます。

この記事はこんな方にオススメ。

  • Airレジの導入を検討しているが、何から揃えれば良いのかわからない。
  • 手軽にPOSシステムを導入したい。
  • 外回りや訪問先での決済システムを検討している。
  • レジの設置スペースが限られている場合。
  • iPadをレジ代わりに使いたい。
Airレジとは?

Airレジとは無料で使えるPOSレジアプリ。アプリを入れればiPadやiPhoneをお店のレジの代わりに使用できます。初期導入費用はもちろん月額費用も要りません。ネット環境があればパソコンなどでも連動して売り上げ管理ができます。現在、国内で最も多く利用されているレジアプリ。

必要な周辺機器、選び方のポイント

  1. iPhone/iPad ※android非対応
  2. レシートプリンタ
  3. ドロア、金庫

※物品のJANコードの取り扱いがあればバーコードリーダー等が必要になるケースもあります。

1 iPadについて

店舗に設置して運営する場合はiPadの方が画面が大きいので操作はしやすいでしょう。必要な周辺機器の中で一番高価な部類。予算が決まっているなどの場合、iPhoneがあれば対応可能ですが、中古など極端に古い端末などはアップデート後に対応から外れる可能性もありますので、長く利用するならできるだけ新しい端末を利用する事が良いでしょう。

2 レシートプリンタ・感熱ロール紙

レシートプリンタと感熱ロール紙。ロール紙はレシートプリンタを購入した時に付属してある場合もありますが、予備でもっておいても良いでしょう。

ドロア

ドロアに関しては、airレジと連動し自動開閉するものと手動で開閉するものがあります。少しでも予算を抑えるのであれば手動式や簡易金庫のものが比較的安価。

手動開閉

自動開閉

自動開閉タイプはレシートプリンターも対応しているものでないと連動できませんので注意が必要です。

レジとサーマルプリンタが一体になってるので、レジ周りがスッキリします。

バーコードリーダー付きモデル。

Airレジアプリのダウンロード

必要な周辺機器が揃えばAirレジアプリのダウンロード、iOSでのみ現在対応していません。android端末は未対応。

airレジApp_store

Appstoreでairレジで検索するとトップに表示されますので、まずはAirレジのアプリを使用するiPhoneやiPadにインストールします。

アプリのインストールが終わると、会員登録やアプリに表示されている情報を入力していきます。

airレジ_home

上記画面が表示されればairレジのインストール初期設定は完了です。

まとめ

Airレジは国内で一番よく利用されているレジアプリです。本格的なPOSシステムを導入すると費用も高く、維持費メンテナンス費用も高額です。導入コストを抑えたい方や月額の維持費を抑えたい方におすすめです。

関連記事 Airレジのレシート設定とプリンタの接続方法。

おすすめの記事