windows-iPhone-bookmark-share

iPhoneとMACを使っていると、便利に感じるのがブックマークの同期。
外出先でiPhoneで見ていたwebサイトをブックマークしておけば、帰って自宅のMACで見たりする事ができます。
Windowsも同期可能なのは知っていたのですが、ちょっと面倒そうだったので今まで使用していませんでした。

少し注意は必要なのですがそこまで難しくはなかったので、そこで今回はWindowsとiPhoneのブックマークを同期する方法をご紹介します。

はじめに、この記事はこんな方にオススメ

  • iPhoneのブックマークをWindowsPCで共有したい。
  • スマホはiPhoneでパソコンはWindowsを利用することが多い。もしくはMACは使っていない。
  • iPhoneでの使用はsafariが多く、windowsではGoogle Crome
    (IEやEdge等も可能)を使用している。
  • スマホで見ているサイトをPCで見たい。

事前準備と注意点

IEやEdgeでも可能なんですが、今回はChromeで

bookmark_organize

事前に準備しておく事。

  • できる限り同期を行う前にブックマークの整理をしておきましょう。
  • iPhone→Windows Chromeのブックマークを空にしておきます。
    ※事前にChromeにある場合はエクスポートで書き出しし、バックアップしました。

購入したばかりのPC等、メーカー製のPCは不要なブックマークが多くあるので、不要なものは消しておいた方良いです。

iCloud for Windowsのインストール編

まず下記にあるサイトよりiCloud for Windowsをダウンロードしてインストール。

ダウンロードはこちらApple公式ダウンロード
iCloud for Windowsダウンロード画面
画像は英文になっていますが、現在は日本語になってます。
2019/11/2現在

ダウンロードをクリックすると上記画像が表示されますので「同意します」にチェックをしてインストールをクリック。

上の画像が表示されましたら、終了をクリック。

iCloud for Windows 設定編

インストールが終わればiCloud for Windowsの設定を行います。

License agreement

Apple ID・パスワード入力します。

icloud_for_windows_check

写真メールは不要な方はチェックを外しておきます。

写真にはないのですがブックマーク右のオプションをクリックして、
Chromeのみチェックをし、IE/Edgeのチェックは外します。

icloud_for_windows_check

適用をクリックします。

Chrome用iCloudブックマーク拡張機能の追加

icloud_for_windows_chrome

適用をクリックしますとChrome用iCloudブックマーク拡張機能のポップアップが表示されますのでダウンロードをクリックします。

chrome_icloud_bookmark

Chromeが起動しますのでChromeに追加、ポップアップに表示された拡張機能を追加をクリックします。

右上にicloudのアイコンが表示されて、iPhoneのブックマークが表示されれば完了です。

まとめ

私の場合はMACとWindows、iPhoneで使用していますが、ブックマークの共有はかなり便利です。
ただし手順を間違えてしまうとブックマークがうまく同期されず、最悪消えてしまう場合もあります。一度私も消えました。

なので必ずバックアップ等をしておくようにしましょう。またGoogleアカウント等でブックマーク共有をすでにしている場合は要注意です。余計にブックマークが複雑に同期されます。

おすすめの記事